EXCELグラフと血圧管理と神経障害予防にコバシル

高血圧は数多くの疾患のリスクファクターとなる生活習慣病の一つであり、自覚症状を伴わないことから日々の管理が重要になります。三大生活習慣病とも呼ばれる高血圧、脂質異常症、糖尿病の中では高血圧は気軽に数値を測定できるという点で自己管理が行いやすいものであり、EXCELグラフを使った血圧記録をつけていくと容易に自己管理を行うことができます。高血圧に対する認識の高まりの影響を受けて、EXCELグラフのテンプレートも数多く作成されており、EXCELグラフの使い方が詳しくわからなくてもパソコンさえ使えればすぐに記録を付けられるようになります。
三大生活習慣病はいずれも生活習慣に起因していることから合併することが多く、高血圧患者が糖尿病を患うことも多々あります。糖尿病性神経障害は糖尿病となった際によく見られる症状の一つですが、高血圧患者に末梢神経障害が見られることも増えてきました。三大生活習慣病は互いに神経障害のリスクとなることから一つ一つの疾患をしっかりとコントロールしていくことが大切となります。
糖尿病等を併発している患者の血圧のコントロールにおいてはコバシルが広く用いられています。ACE阻害剤であるコバシルは腎臓の保護作用があるとされることから糖尿病を合併している高血圧患者では第一選択となります。これは腎臓から分泌されるレニンが関与しているレニンーアンジオテンシン系の調節にACE阻害剤が関わっていることが関与していると考えられています。コバシルと並んで用いられるのがアンジオテンシン2受容体阻害剤であり、コバシルに比べて副作用が少ないとされていることからより選択されることが多くなっています。