ジェネリックもある!様々な部位に効果があるコバシル

コバシル(COVERSYL )は、協和発酵キリン株式会社が製造販売している医薬品です。淡黄色の錠剤であり、主成分がペリンドプリルエルブミン(Perindopril Erbumine)です。
コバシルは、血圧を下げる効果がある医薬品です。高血圧の治療に効果的であり、多くのクリニックで処方されています。心臓や腎臓などのさまざまな部位にも効果的であり、心臓病(心不全など)や腎臓病(腎硬化症、糖尿病性腎症など)などの病気の治療にも用いられます。また、血圧を正常にすることによって、脳卒中なども防ぐことができ、身体のさまざまな部位の病気を防ぐ役割もあります。
コバシルは、血圧を上げる「アンジオテンシンII」という体内物質の生成を抑える効果があります。このことによって、血管を拡張する効果があり、血圧を下げることができます。
コバシルは、血管浮腫が生じたことがある人は使用することができません。虚血性の腎臓病や高カリウム血症の人も使用できない場合があるため、服用する際には、医師や薬剤師に服用している薬を申告する必要があります。血液透析を受けている人や、減塩療法中の人、利尿薬を服用中の人などが使用する場合には、血圧の下がり過ぎに十分に注意する必要があります。
コバシルの副作用には、咳をする症状が多いです。重篤な症状は、めったに生じることがありませんが、身体の部位によっては、深刻な副作用を生じることもあります。
コバシルは、ジェネリック医薬品も開発されています。ジェネリック医薬品は、国内外で開発されていて、使用している人も多いです。先発医薬品よりも、ジェネリック医薬品は、かなり割安であり、長期的に薬を服用する人にとって、非常に魅力的です。