高血圧治療の第一選択薬といえばコバシル

高血圧の治療としてコバシルがあります。
このすりは血圧を下げるという効果があり、病院では治療の薬として多く使われています。
コバシルは病院で高血圧治療の第一選択薬として利用されています。
コバシルの効能は高血圧症に効果があるということです。
2㎎のものは、通常成人に服用する際に使われています。
これを1日1回経口投与することになっています。
年齢や症状によって量を調節します。
この薬を慎重に投与しなければいけない人としては、高カリウム血症の患者となっています。
また重篤な腎機能障害のある患者にも注意が必要です。
高齢者への投与も注意が必要です。
それはなぜなのかというと、過度の血圧低下によって病態を悪化させてしまうというおそれがあるからです。
なぜ病院での第一選択薬となっているのかというと、効き目がとてもよく安全性が高くなっているからです。
心不全や糖尿病のある人でも使うことができるので安心です。
また血糖や尿酸や脂質などに影響をするということがありません。
したがって年齢に関係なく幅広く使うことができるという点がこの薬の大きな特徴です。
予後改善効果という長生きについても長期臨床試験により証明されています。
心不全や腎不全、この他に糖尿病性腎症についても有効性が確認されています。
しかし血液浮腫を起こしたことがある人に関しては使うことができません。
最初は少しの量から使いゆっくりと血圧を下げていくと言うことが治療の基本となっています。
副作用として咳の症状がかなり多く見られるようになっています。
それほど心配はいりませんが、あまりにもひどいようであれば医師に相談をします。
他の薬と併用するときにも注意するようにします。